ロスヒターノス特別ショー
2014.10.25



Plants: image 1 0f 6 thumb Plants: image 2 0f 6 thumb Plants: image 3 0f 6 thumb Plants: image 4 0f 6 thumb Plants: image 5 0f 6 thumb Plants: image 6 0f 6 thumb



Plants: image 1 0f 6 thumb Plants: image 2 0f 6 thumb Plants: image 3 0f 6 thumb Plants: image 4 0f 6 thumb Plants: image 5 0f 6 thumb Plants: image 6 0f 6 thumb



Plants: image 1 0f 6 thumb Plants: image 2 0f 6 thumb Plants: image 3 0f 6 thumb Plants: image 4 0f 6 thumb Plants: image 5 0f 6 thumb Plants: image 6 0f 6 thumb


 


【出演者の感想】

2か月前、いつものレッスンが終わり着替えをしているとき、
先生から「今度イベントがあるので、セビジャーナスを踊りませんか」 とお誘いをいただきました。
「一曲だけだし、せっかくの機会だから」と思い、 その場ですぐに「出ます」とお返事をしました。
ところがどっこい!その「一曲だけ」が大変でした。
発表会とは違う4人での構成、 足のかけあい、場所の入れ替え… たくさんつまづきポイントがあるのです。
本番が近付き、「うまくできるだろうか、止まってしまわないだろうか」と心配しましたが、
今までの練習を思い出し、「笑顔でがんばろう」とメンバーで声をかけあいました。
発表会とは一味違った熱気、距離感、緊張感、 まぶしい照明のなか、セビジャーナスを踊りました。
大阪会員の新屋さんと私、 京都会員の小池さん幸田さん 予定を合わせ、大阪で練習をして、京都で練習をして、
まるで文化祭のような一か月が終わりました。 終わってから、「あんまりどんな風に踊ったか、覚えていない」と
4人で話をしていたところ 見に来てくださった方が「ほんとうによかった。とても楽しそうだった」 とお声をかけてくださいました。
その一言がとてもうれしく、「出てよかった!」と思いました。
このような機会が与えられたこと 大阪会員と京都会員での親交が深められたこと、
フラメンコを始めてから、初めてこのような舞台に立てたこと、
すべてに感謝します。 特に、構成を考え、練習を見てくださった西村先生、 ありがとうございました。
そして、見に来てくださった方々、 一緒に踊ったみなさん、ありがとうございました。

大阪会員17期(2012年入会)
大西愛